おまとめローン:借金返済で困ったときの方法を解説します

勘違いから始まる多重債務

骨にかじりついて寝るブルドッグ借金というのは、きちんと理解していないと、失敗してしまう人は結構いるものです。
とくに、金融機関でお金を借りる時には審査がありますので、審査に通ると、「自分にはこれだけのお金を借りる能力がある」などと勘違いしてしまい、限度額いっぱいまで借りてしまって返済ができなくなるということはよく聞く話です。

おまとめローンで借金を整理

さて、借金返済に困ったときにとる方法には、いくつかありますが、まずは法的な手段を使わずに借金の負担を軽くすることを考えるのがよいでしょう。その方法には、おまとめローンなどがあります。おまとめローンでは、複数の借金をまとめることで、限度額が上がり、多くの場合金利が下がるので、返済総額が減り、返済の負担が減ります。
しかし、おまとめローンは、限度額が大きいために審査が厳しく、だれもが利用できるわけではありません。また、借金の返済に困った人は、返済を延滞してしまっているというケースもあり、そうなるとさらに審査に通ることは厳しくなります。

債務整理は次の段階

そこで、そういう人は、法的手段を用いて借金を減額するという方法を検討することになります。これには、任意整理、個人再生、自己破産などの種類があります。任意整理は、このうち最も手軽な手続きで、弁護士が利子を減額してもらえるように金融機関と交渉する手続きです。利子が減額できるというメリットのほかに、弁護士に相談をした時点で請求が止まって交渉が終わるまでの間借金の返済から開放されるというメリットもあります。
任意整理では減額できるのは利子のみであるのに対し、個人再生では元本も大幅に減らせます。また、自己破産では免責がおりると借金をゼロにすることができます。

メリットとデメリットを理解して行おう

これらの債務整理を行なうことには、メリットもありますがデメリットもあります。デメリットとは、ブラックリストに載るためにおよそ5年から10年の間クレジットカードやローンが利用できなくなることです。また、個人再生と自己破産では、官報に個人情報が載ります。自動車ローンや住宅ローンなども利用できなくなるので、マイホームが持てなくなるなど、人生プランに大きく影響することになる場合もあります。しかし、これらのデメリットを考慮しても、借金の返済に困っている人にとっては、メリットのほうがはるかに大きい制度であるといえるでしょう。