自動車ローン:車の為に借金返済生活

自動車ローンがはじめての借金

子供の頃から車には興味があって社会人になる前に学生の頃に免許を取りました。家には車が無くどこへ行くにも電車移動でしたので、車で旅行などに行く家族を見てコンプレックスがありました。
社会人になって働くようになって、お金もある程度たまりましたが、車は持てないでいました。
というのも、社会人として生活していくのに不安があり、ローンを組むのが悩みどころだったのです。
しかし長いこと悩みましたがついに欲しかった車を手にすることにしました。
考えた結果、安い中古車を購入することを決意しました。
これが私の初めての借金エピソードです。

初めての自動車ローン。毎月の返済4万円を自分で。保証人は親でした

たとえ安い中古車と言っても社会人になりたての私には信用がまだ無く、保証人なしではローンが組めなかったのが実情でした。
仕方ないので親に必死で頼んでなんとか保証人になってもらう事ができ、80万円の安い車ですが念願のマイカーを手に入れる事が出来たのです。
購入するにあたって駐車場代や保険代など維持費が掛かるのは知っていたので月々の返済額を4万円弱に設定してボーナス支払いなしにしました。
頭金は10万円ほど支払うつもりでしたが、麻痺していたのか80万円も70万円も対して変わらないと思い頭金なしにしました。
ボーナス支払いなしにしたのは、会社をクビになったりしたことを考えたら払えそうも無かったのでやめています。

二台目で膨らんだ借金。総額は400万円越えに

この車の借金返済が出来た頃には、社会人生活にも慣れ、車好きの私は更に上の車が欲しいと思うようになっていました。
利口になっているのか麻痺しているのか、車とセットでカーナビやエアロパーツなども、一緒にローンで購入すれば良いと考えてしまっていました。
そして初めての新車をあれこれオプションを付けて、購入することにしました。
これが420万円という大きな額でドキドキしましたが60回払いにして無事にローン審査も通り良かったです。
車をローンで組んで購入すると、利息を払うことになりますが、自分がほしい新車を購入するのに一括では払えないですし、全く後悔はしていません。