債務整理は弁護士におまかせがおすすめ

人口の3%弱が苦しむ借金問題

現在日本には、300万人ほどの人が借金問題で苦しんでいると言われています。
しかし、どんな大きな額でも、法律で整理出来ない借金はないと言われています。
債務整理は、借金で困っている人を守るための解決方法です。

債務整理という救済策について

借金が多く、返済に困った時に破産手続きをすることもありますが、家を手放したくない・利息は払えなくても借金だけなら払えそう、などと言う時には、その他の解決方法もあります。
つまり、法的に一度借金を見直して、無理のない生活を送ることが出来るようになる法律、それが債務整理なのです。

債務整理には、いくつかの方法があります。

それは、任意整理・民事再生・自己破産などです。
それぞれの事情や状況・考え方に合わせて、それぞれに適した方法を選択します。
まずは、これらの方法を良く理解し、自分に合った解決方法はどれなのかを検討する必要があります。
例えば、借金をとにかく無くしたいと言うのであれば自己破産がベストですが、同時に財産の処分をしなければならないと言うデメリットもあります。

おすすめは任意整理と民事再生

自己破産をするほどではないけれど、毎月の返済額を減らしたいと言う場合には、任意整理がベストな方法です。
さらに、任意整理は出来ないけれど、破産はしたくないし、車や家を手放すのも嫌だと言う場合には、民事再生を選択すると良いです。
また、これらと同時に、これまでの借金返済についても、払いすぎた利息を取り戻すことが出来る過払い金返還請求と言う手続きもあり、これにより、支払や取り立てもすぐに止めることが出来るようになります。
これらの手続きは、自分でも行うことが出来ますが、専門的な知識が必要になります。
そこで、まずは無料相談などで、弁護士に相談することをおすすめします。