債務整理で借金返済の負担を減らせます

多重債務状態からいかに抜け出すか

複数の金融機関からの借入金や、クレジットカードのショッピングのリボ払いなどが重なり、返済が苦しくなった状態を多重債務と言います。
1つ返済を終えるとまた次の返済が待ち受けており、その返済のためにまた借り入れをする状態はとても悪循環になっていると言えます。それらの借り入れ状況の記録は信用機関に記録されており、債務を返済するために新しく借り入れる行為は信用情報上マイナスになってしまいます。
また借入金やショッピングのリボ払いには金利がかかっており、月々の返済では金利を払うだけで精一杯になってしまい、元金がなかなか減らないような状況はとても危険です。信用情報が良くない場合、新しくカードを作ることもできなくなってしまいます。

司法書士に任せれば債権を整理してもらえる

そういった場合、破産申し立てで法的に自己破産することも可能ですが、まずは任意整理を検討する必要があります。
任意整理とは間に司法書士が入り、借入先と当事者同士の私的な整理方法です。自己破産をすると車や持ち家を失ったり、一部の職業に就けなくなるなどのデメリットがあります。
また自己破産の場合は、連帯保証人への返済免除がないため保証人に大きな迷惑をかけてしまうことにもなります。官報に載ってしまうため、誰かに自己破産を知られてしまうこともあります。

メリットとデメリットを理解して選択しよう

自己破産も任意整理も債務整理をする方法ですが、法的な手続きを取る場合と私的な場合では、メリットとデメリットが違います。任意整理の場合はあくまでも話し合いによる金利の免除や支払額の調整になるので、必ずしも思い通りの結果になるとは限りませんが、他人に迷惑をかけることや知られることなく返済をすることができます。
金利の負担がなくなれば元金は減っていくことになります。通常3〜5年程度で司法書士に返済をしていく形になるので、それ以上の借り入れがある場合は法的整理を選ぶことになります。