債務整理で督促が止み、返済が圧倒的に楽になる

債務整理をするとこれまで以上に返済が楽になります

債務整理で一般的に行われることが多いのが任意整理になります。
ただしその前に、手続きをすることによって債権者からの督促を止めることができます。

債務者を悩ませる督促状

そもそも債務者が法律事務所に借金のことを相談する理由の第1位が債権者からの督促状です。
返済の期限が到来しているにもかかわらず、事情があって返済をすることができていない、そうなると日々利息が積み重なっていきます。
そしてさらに返済が遅れると督促の電話や督促状などが送られてきます。
これで参ってしまう債務者が多いのです。

法律事務所に相談することで督促は解決できます。

依頼を受けると弁護士は受任通知または「介入通知」と呼ばれる文書を、お金を借りている金融機関、債権者に対して送りつけます。
その介入通知の効果ですが、弁護士が債務者である借入者本人の代理人となりましたよという通知になります。
そのため、介入通知が債権者のもとへ到着して以降は、直接債務者本人に電話での督促や督促状ををすることができなくなります。
一旦そういった督促がストップするので精神的にも解放されます。
この手続きの後、具体的な任意整理の手続きが始まります。

任意整理は借金を減額させる手続きです。

まずは過払い金のチェックです。
とくに取引期間の長い方は、過払い金が発生している可能性があります。
そのため、これまでの契約開始から直近までの取引履歴を全部開示させ、法律の上限金利以下の金利で再計算をして払いすぎている利息はないかどうかを調べるのです。
もしも過払い金がありましたら、その分は借金の減額にあてることができます。

健全な返済計画を立てる

そして、減額された借金を3年以内に完済できるように返済計画と立てます。
事情によっては最大5年間で分割で支払えるように返済計画をたてます。
任意整理の手続き後は、金利が一切発生しませんので、任意整理をする以前に発生した利息と元金の合計とそこから減額分を差しい引いた金額が確定金額となります。
その金額を分割で返済していく手続きが任意整理となります。